博旭范文网 - 每天发现一点点
每天发现一点点!
  • 感谢信
  • 介绍信
  • 辞职信
  • 表扬信
  • 道歉信
  • 分手信
  • 求职信
  • 自荐信
  • 推荐信
  • 慰问信
  • 邀请函
  • 证明信
  • 接收函
  • 倡议书
  • 调档函
  • 保证书
  • 承诺书
  • 决心书
  • 建议书
  • 责任书
  • 申请书
  • 检讨书
  • 赠言
  • 情书大全
  • 其他信函
  • 商务日语书信寒暄

    分类:其他信函 时间:2017-06-16 本文已影响

    篇一:日本公司里常用的寒暄语

    日本公司里常用的寒暄语

    张国强

    “寒暄”是良好的社会交际习惯,得体的“寒暄”是有教养的表现,也是维持双方感情的重要因素。

    寒暄时,要注意一些基本要求,如∶

    1.声音要明亮、发音要清楚。

    2.在任何时候、任何场所都要主动地寒暄。

    3.因对象不同有时寒暄有时不寒暄,这种态度不足取。上司也好、同事也好,即使是部下、公司的清扫职员等都要平等地寒暄。

    在日本的公司里,男女职员都要回避以下行为∶

    1.掐着时间上班(正式工作之前要做好准备,应提前到公司);

    2.上班后从自己的写字台抽屉里慢慢地取出领带,慢慢地系领带;

    3.在自己的写字台前剃胡须;

    4.在自己的办公桌前开始化妆、打扮;

    5.带着酒气进公司;

    6.带着疲惫的神色来上班等等。

    篇二:商务日语写作模板doc

    目录

    (按Ctrl同时点击目录,会自动链接到指定正文的位置)

    社交礼仪文书 ................................................ 1 问候信 .................................................... 1 例文1 ............................................. 1 例文2 ............................................. 1 例文3 ............................................. 1 贺信 ........................................................ 2 例文1 ............................................. 2 例文2 ............................................. 3 例文3 ............................................. 3 感谢信 .................................................... 3 例文1 ............................................. 4 例文2 ............................................. 4 例文3 ............................................. 4 慰问信?吊唁信..................................... 5 例文1 ............................................. 5 例文2 ............................................. 6 例文3 ............................................. 6 请帖 ........................................................ 6 例文1 ............................................. 6 例文2 ............................................. 6 例文3 ............................................. 7 介绍信?推荐信..................................... 7 例文1 ............................................. 7 例文2 ............................................. 7 例文3 ............................................. 8 社内文书 ........................................................ 8 报告书 .................................................... 8 例文1 ............................................. 8 例文2 ............................................. 8 例文3 ............................................. 9 通知书 .................................................... 9 例文1 ............................................. 9 例文2 ............................................. 9 例文3 ............................................. 9 会议纪要 .............................................. 10 例文1 .......................................... 10 例文2 .......................................... 10 例文3 .......................................... 10 检讨书 .................................................. 11 例文1 .......................................... 11 例文2 .......................................... 11 例文3 .......................................... 11 呈报书·申请书................................... 11 例文1 .......................................... 11 例文2 .......................................... 12 例文3 .......................................... 12 传达文书 .............................................. 12 例文1 .......................................... 12 例文2 .......................................... 13 例文3 .......................................... 13 策划书 ................................................... 13

    例文1 ........................................... 13

    例文2 ........................................... 13 例文3 ........................................... 14 请示报告书 ........................................... 14 例文1 ........................................... 14

    例文2 ........................................... 15 例文3 ............................................ 15 人事文书 ............................................... 15 例文1 ............................................ 15

    例文2 ............................................ 16 例文3 ............................................ 16 例文4 ............................................ 16 例文5 ............................................ 16

    社外文书 ....................................................... 17 通知书 ................................................... 17 例文1 ............................................ 17 例文2 ............................................ 17

    例文3 ............................................ 17 委托书 ................................................... 18 例文1 ............................................ 18 例文2 ............................................ 18

    例文3 ............................................ 18 订货函 ................................................... 18 例文1 ............................................ 18

    例文2 ............................................ 19

    例文3 ............................................ 19

    邀请书 ................................................... 20 例文1 ............................................ 20 例文2 ............................................ 20 例文3 ............................................ 20

    申请书 ................................................... 20 例文1 ............................................ 20 例文2 ............................................ 21 例文3 ............................................ 21

    谢绝信 ................................................... 21 例文1 ............................................ 21 例文2 ............................................ 22 例文3 ............................................ 22

    请求信 ................................................... 22 例文1 ............................................ 22 例文2 ............................................ 23 例文3 ............................................ 23

    查询信 ................................................... 23 例文1 ............................................ 23 例文2 ............................................ 23 例文3 ............................................ 24

    同意信 ................................................... 24 例文1 ............................................ 24 例文2 ............................................ 24

    1

    例文3 ........................................... 25 道歉信 .................................................. 25

    例文1 ........................................... 25 例文2 ........................................... 25 例文3 ........................................... 25 抗议信 .................................................. 25

    例文1 ........................................... 25 例文2 ........................................... 26 例文3 ........................................... 26 交涉信 .................................................. 26

    例文1 ........................................... 26 例文2 ........................................... 26 例文3 ........................................... 27 催促函 .................................................. 27

    例文1 ........................................... 27 例文2 ........................................... 27 例文3 ........................................... 27 辩解信?反驳信................................... 28

    例文1 ........................................... 28

    例文2 ............................................ 28 例文3 ............................................ 28 意见书 ................................................... 28

    例文1 ............................................ 28 例文2 ............................................ 29 例文3 ............................................ 29 确认书 ................................................... 29

    例文1 ............................................ 29 例文2 ............................................ 29 例文3 ............................................ 30 答复函 ................................................... 30

    例文1 ............................................ 30 例文2 ............................................ 30 例文3 ............................................ 30 取消信 ................................................... 31

    例文1 ............................................ 31 例文2 ............................................ 31 例文3 ............................................ 31

    2

    社交礼仪文书

    问候信

    问候信是向客户和关系单位告诉己方动向的礼仪文书,它是在社会交往中使用最多的信函。公司开业、重建厂房、设立分公司,以及人事方面的就职、退休、调动,还有企业内发生的新动向等等,都要向客户和关系单位通知,以求得他们的理解,并请求他们一如既往地照顾。如果这种“问候”做不到,将会是社交中非常失礼的一件事,并且也会受到对方的责备,因此需要特别注意。问候信中必须使用「拝啓」或「謹啓」,并且一定要有季节性的寒暄,根据情况可以写上感谢的话语,然后再进入本文部分。本文的前半部分简单明了地写上要通知的内容,在后半部分加上 之类的话语,以请求对方的照旧赐顾。问候信的结尾处一般使用「敬具」或「謹白」。

    例文1

    転任のご挨拶

    拝啓

    貴社ますますご清栄のことと、お喜び申し上げます。また、平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

    さて、私事ですが、○○年○○月○○日をもちまして、本社よりヨーロッパ支社に転勤いたしますことをご報告させていただきます。貴社には、いままでの数年間ご支援、ご協力をいただき、まことにありがとうございます。

    新しい職務は私にとりまして、身に余る重責ではございますが、なにとぞ、今後ともご指導をお願い申し上げます。

    ○○氏が私の後任となります。彼のほうからまもなく貴社へご連絡を差し上げると存じます。 貴社の皆様のご健康を祈りつつ、転任のご挨拶を申し上げる次第でございます。

    敬具

    例文2

    新会社設立のご挨拶

    謹啓

    落ち葉の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。

    さて、このたび弊社で営業部を独立させて、下記のとおり新しい会社を設立することになりました。これによりまして、皆様のご要望に、一層速やかにお応えできるようになると確信いたしております。

    発足間もない会社でございますが、皆様のご期待に添えますよう、全力を尽くして参る所存でございます。 なにとぞ、倍旧のご支援ご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。 まずは略儀ながら、書中にてご挨拶申し上げます。

    謹白

    1.新住所○○○○ 2.電話番号○○○○

    3.ファックス番号○○○○

    以上

    例文3

    会社移転のご挨拶

    謹啓

    桜花の候、いよいよご清栄のこと、お喜び申し上げます。平素は格別のお引き立てを賜り心より感謝もうしあげます。

    さて、この度、お客様の利便性の向上をはかるため、弊社本店は平成○○年○○月○○日に下記に移転することになりました。

    これを機に旧に倍しまして社業に励み、皆様のご期待に添うよう努力いたす所存でございますので、今後とも一層のご支援ご指導のほどお願い申し上げます。 まずはとり急ぎご挨拶申し上げます。

    謹白

    1.新住所 ○○○○ 2.電話番号○○○○ 3.ファックス番号

    以上

    写作例句:

    1、さて、このたび弊社では○○地区への販路開拓のため、平成○○年○○月○○日より○○○○支店を開くことになりました。同支店開設にともない、これまで本社で執り行ってきた販売業務の一部を移管いたします。 2、私ことこのたび、弊社○○○○本部より○○○○支店長として○○○○に転勤いたしました。今後は、初心に返って誠心誠意努力を重ねてまいります。

    3、私ことこのたび、弊社の人事異動にともない、○○月○○日をもって○○○○支店長を退くことになりました。これまで公私にわたりご厚情を賜りまして、心よりお礼を申し上げます。

    4、このたび弊社の株式は、関係官庁および東京証券取引所の承認を得て、平成○○年○○月○○日より東京証券取引所市場第一部に上場されることになりました。

    5、このたび弊社では、社会情勢の変化に対応し、より質の高いサービスを提供するため、下記の通り組織を改編いたしました。

    6、このたび弊社では、より効率的な生産体制とするために、平成○○年○○月○○日をもって○○工場を閉鎖することにいたしまいた。今後の生産業務は下記○○工場に手引き続き承ります。

    7、弊社は、来る○○年○○月○○日をもちまして会社創立○○周年を迎えることになりました。これもひとえに皆様方のご支援ご愛顧の賜物と心より感謝いたしております。

    8、株式会社○○を円満退社し、有限会社○○○○を開業する運びとなりました。株式会社○○在職中は何かとお世話になり深く感謝申し上げます。 とりしまりやくしゃちょう

    9、このたび○○○○株式会社代表取締役社長を退任いたし、同社取締役会長に就任いたしました。在任中は公私にわたり格別のご指導ご支援を賜りまして、厚くお礼申し上げます。

    10、○○年入社以来、ひとかたならぬご懇情を賜り有難く厚くお礼申し上げます。お陰をもちまして在職○○年の間、大過なく勤めることができ感慨無量でございます。

    11、当社では、夏季休暇としまして下記のとおり臨時休業いたします。ご迷惑をおかけしますが、何とぞご了承のほどお願い申し上げます。

    12、このたび下記のところに転居致しましたのでお知らせ申し上げます。こちらの方面にお出向きの節はぜひお立ち寄りくださるようお待ち申し上げます。

    13、○○年創業以来、今年を持ちまして創立○○周年を迎えることとなりました。年々業績を伸ばすことができましたのも、偏に皆様方のご支援ご鞭撻の賜物と深謝申し上げます。

    14、このたびお蔭様にて○○店を開店いたすことになりました。日頃のご厚情を感謝いたしますと共に、今後ともお誘い合わせの上お越しくださり、ご指導ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

    15、このたび皆様のお陰をもちまして、弊社○○が完成し、○○月○○日より操業を開始いたしました。これも偏に皆様のお引き立ての賜物と深く感謝いたしております。

    16、このたび私たちは○○○○様ご夫婦の媒酌により○○月○○日に於いて結婚式を挙げます。 17、このたび私どもは○○月○○日に結婚式を挙げ、下記に新居を構えました。まだまだ半人前のふたりですが、今後も末永くご指導くださいますようお願い申し上げます。

    18、かねてより建設中でありました弊社が、このほどようやく落成いたし、○○月○○日より業務開始の運びとなりました。

    19、退院しましたら直ぐにお知らせしなければと思っていましたが、雑事に追われてご連絡が遅れましたことをお詫びいたします。お陰様でようやく普段の生活に戻すことができました。

    20、突然ですが、小社は創業以来○○年の間、家具メーカーとして歩んでまいりましたが、このたび不本意ながら廃業することになりました。

    贺信

    贺信是在与客户交往或私人交往中,对方有喜事时,向对方传递自己祝贺心情的文书。如新公司成立时、开业、增设新公司、公司大楼竣工以及结婚、贺寿、授奖等等,这样要祝贺的事情有很多,因此书写贺信也是非常关键的。书写贺信时一定要把握好时机,接到通知后尽量早些送去贺函。

    写贺信时需要注意的是不能提及任何与喜事无关的事情,要满怀真心地亲笔写上对对方的祝贺之意,千万不要阿谀奉承,切忌使用「切る」「終わる」这样的忌讳语言。如果要赠送礼品时,一定要先发贺礼再送礼物,如果礼物比贺信先到的话,那贺信则变成了礼物的通知单了。

    例文1

    昇進の祝い状

    拝啓

    初夏の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は、格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。

    さて、このたびは○○支店長にご昇進のこと、誠に喜ばしく心よりお祝い申し上げます。これもひとえに、○○様の日ごろのご努力と卓越した実績の賜物と拝察いたします。このうえは、ご健康を気遣われ、一層のご活躍とご発展をお祈りいたしますとともに、今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 まずは取り急ぎ書中をもちましてお祝い申し上げます。

    敬具

    例文2

    大学合格の祝い状

    拝啓

    初春の候、皆様方にはますますご健勝にてお暮らしのご様子、お喜び申し上げます。

    この度は、○○くんが難関の○○大学に合格されましたこと心よりお喜び申し上げます。大変な努力をしての栄冠でございますから、ご家族のお喜びはいかほどかと拝察いたします。

    輝かしい青春の日々は一度しかありません。これからは、勉強と同様スポーツで体を鍛え、友との友情で豊かな心を養うことにも励んで、思い出多き学生時代とされますよう願っております。

    ○○くんの今後の更なるご発展と皆様のご健康を祈念しまして、まずは、とり急ぎお祝い申し上げます。

    敬具

    例文3

    結婚のお祝い状

    拝啓

    ○○、ご結婚おめでとうございます。いよいよ結婚式も目前となりました。美しい花嫁姿に、ご両親様のお喜びもひとしおだったでしょう。

    お若い二人のことですから、これを機会に益々お仕事に励まれることでしょうが、健康にはいつも気をお配りください。そして、早く新しい家族が授かりますようお祈り申し上げます。

    本日、心ばかりのお祝いの品を○○デパートからお送りしました。気に入っていただければ幸いです。 これからもお体にお気をつけて、幸せな家庭をお築きください。 略儀ながら、書中をもって結婚のお祝い申し上げます。

    敬具

    写作例句

    1、○○社へのご就職おめでとう。念願の会社に入ったのですから、希望を持って大きくジャンプしてください。これから真の実力を発揮する時です。ご健闘をお祈りします。

    2、○○さん、ご就職おめでとうございます。心からお祝い申し上げます。今後は社会の荒波にもまれることもあるかと思いますが、大志を抱いて頑張って前進してください。

    3、ご結婚おめでとうございます。○○さんのご結婚のご通知が本当にうれしく、心からお祝い申し上げます。ささやかながらお祝いを同封させていただきますので、どうかお納めください。

    4、ご結婚おめでとうございます。私もすごくうれしく思います。○○さんのことだから、きっとご主人と一緒に幸せな家庭が築けると思います。落ち着いたら、新居にお邪魔させていただきます。

    5、待望のご出産、おめでとうございます。奥様には無事ご出産とのこと、心よりお祝い申し上げます。産後のご養生は大事ですので、くれぐれもご自愛くださいませ。

    6、ご出産おめでとうございます。お母さんになったご感想はいかがですか。元気なお二人に会えますことを楽しみにしております。健やかな成長を心よりお祈りいたします。

    7、このたびは新居のご竣工、心からお祝い申し上げます。今度貴宅に拝見した折、将来の参考までにご苦労話などをお聞かせください。お祝いをお送りしましたので、ご受納ください。

    8、ご新築誠におめでとうございます。心からお祝い申し上げます。ささやかながらお祝いを同封させていただきますので、どうかお納めください。

    9、このたびは会社を設立されたとのこと、心よりお祝い申しあげます。新会社の事業は必ず飛躍的に発展すると期待いたしております。 しんしゃおくきねん10、このたびは、新社屋の落成、まことにおめでとうございます。貴社の一層のご発展を祈念いたしております。 11、○○様におかれましは、これからの社会情勢を見据えて○○専門店をオープンされましたこと、その先見性に感服いたすと共に、開業を心よりお祝い申し上げます。 12、本社○○部長にご栄転とのこと、誠におめでとうございます。これも偏に、○○様のたゆまぬ努力の賜物と、敬服いたしておる次第です。

    13、○○市議会議員として永年にわたり地方自治へご尽力されたご功績が、变勲の栄誉として認められましたことは、私ども市民にとりましても、大きな喜びであり、誇りでもあります。

    14、このたびは、○○君が大学を卒業されましたこと心よりお喜び申し上げます。いよいよ社会人として大一歩を踏み出されるわけですが、これまで学校で学んだものを生かして、大いなる希望と確信とを胸に仕事に精進さ

    篇三:日语信函的格式和写法十讲

    绪:日语信函范例

    尊敬する今井先生

    また、一年お過ごしてまいりました。去る一年、皆様におもたらした遺憾の思い出しより快楽と幸福のほうがずっと多いであることと信じております。

    きたる新たな一年、われわれが切望している和平、健康及び幸福をさらにおもたらせることを心より祈っております。なお、幸福が満足にあることが理解できれば、、たとえ何と起ころうとも、人生の中には太陽の光のように幸福を充満することになれるではないでしょうか。幸いすることにしまして、すてきな出来事がいつも長久的に記憶され、またいつでも、楽しく思い出すことが出来る一方、不愉快な出来事が必ず、人々の記憶からお忘れられてゆくことと存じます。

    おかげ様で、みんなは元気でございまして、静かな素晴らしいクリスマスを過ごしいたしました。なお、クリスマス.イブの前夜にて、皆さんからおあいさつをいただきました。わたしから家族全員にお楽しみをもたらしまして、まことにありがとうございます。ご家族の皆様にもクリスマスのあいかつをおつたえてくださいますようお願い申し上げます。

    敬具

    李明

    第一讲:日文信组成部分示意图

    日文信组成部分示意图见下图。

    第二讲:日文发信编号写法

    如果信函上有编号,收件人和发件人都能快速了解所指的是哪一封信。这样既便于文件存档,又便于日后查阅。发信编号又叫发文号码或发信号码通常是一系列连续的号码或是有特别对应的系列号码,如:営総第1234号。有时也会用发信部门+事件名+客户名略称的组合,例如平成15年东京营业部发出的第08号信函的信函号码为:15東営発第08号。一般来说,公司往往都对发信编号有相应的规定,可按相应规定书写。

    第三讲:日文日期写法

    商务信函必须写日期,它对于文件存档及信息查考都有重要意义。

    信函横写时,日期应在与发信编号齐另起一行书写在信函右上角。信函竖写时,日期需书写在寄信人前,单起一列顶头竖写。

    日文信函中书写日期应注意以下几点:

    1.日文信函一般按照日本年号书写日期,如:平城15年1月1日,也可按公历书写,一般公司内都有同有规定,可按规定书写;

    2.从礼节上讲,信函上的日期应与邮戳上的一致,因此在写日期的时候应按发信日期书写。

    第四讲:日文收信人姓名写法

    信函横写时,收信人姓名应在发信编号和日期下另起一行顶头书写。信函竖写时,收信人的姓名则书写在最后,单起一列顶头竖写。收信人姓名后还应按照公司名(团体名)、职务、姓名书写相应的敬称。

    书写收信人姓名时还应注意,如果收信人为两人以上,则按照辈分、资历由高到低从行首写起。

    第五讲:日文寄信人姓名写法

    商务信函中,寄信人的姓名意味着由谁对此信函负责,根据信件的重要度分别可由公司的代表人(社长),部长、科长署名。原则上应由与收信人相同级别的人员署名。有时与收信方相对应,也可仅写上公司名、团体名或店名。

    在正式信函上为了表明效力及责任应在发信人姓名中央加盖公章,如加盖个人印章,应盖在姓名后方,与姓名稍稍相交,以便复印后也能清晰地辨认。

    信函横写时,寄信人姓名应在收信人姓名下另起一行靠右书写。信函竖写时,寄信人的姓名则在日期后另起一列靠下竖写。寄信人姓名后应根据情况书写相应的谦称,如:用于平辈之间的“足下”等。

    第六讲:日文信函题目写法

    简明扼要地说明信函内容,也称为标题、标记。主要使用于事务性信函,一般的通知或问候信函等礼节社交信函中不使用。通常书写在前文上一行,居中央的位置。题目应尽量用20字以内的简短词句。如果需要加以强调,有时也在题目名称下加下划线来表示。

    第七讲:日文信前文写法

    前文包括开头语、适应时令的寒暄语、以及问候对方状况或报告自己近况的寒暄语。日文书信的开头很重要,因为不论写什么内容的信,即使是谴责信、抱怨信、批评信、抗议信都必须在开头向对方问候寒暄,开头的寒暄语体现出写信者的涵养和冷静的态度,是衡量信中礼仪正确与否的标准之一。

    开头语:即“頭語”,从行首空出一个字符写起,结束不需句号。

    时令寒暄语:在开头语后,空出一个字符间距,同行书写或另起一行书写。时令寒暄语是日语信函中使用最广泛的寒暄方式。可根据不同的季节,月份书写合宜的寒暄语。

    其他寒暄语:包括询问对方是否安康,以及自身近况介绍。注意应先问候对方再介绍自己的情况。一般紧接着时令寒暄语书写,可视不同情况或场合,书写适宜的寒暄语。

    第八讲:日文信正文写法

    正文包括承上启下语和正文内容。

    承上启下语:所谓的承上启下用语指的是作为序文与正文之间的过渡的词语,借此可以顺利地引出下文。在前文之后另起一行为正文,而承上启下语一般空出1个格间距起开始书写。常使用“さて”“実は”等词汇引出下文;

    正文:正文部分是信函的核心部分,商务日语信函应注意采用简洁易懂的行文方式。每个段落的开始部分,既可以空一个格,也可以不空,但在一片书信中应保持格式的统一。

    第九讲:日文信结尾写法

    结尾包括结尾寒暄语和结束语。对于日文书信来说,结尾往往是提示性的,或再度向对方致以祝贺、祝愿,或顺便提出一些要求、请求,或为自己写信时的匆忙、字迹不清而道歉。同时,结尾也是总结性的,将上文叙述的内容作一个总结,以便让对方确认写信人的意图。结尾的寒暄语:另起一行,空出1个字符间距。

    结束语:即“結语”,另起一行书写,字体一般稍小,竖写时一般高出正文部分的行末一个个的间距;如果正文结束于一行的行首部位,则可以将结束语写在同一行的下方。横写时一般在结尾后,另起一行书写,并靠信纸的右侧边缘一个格的间距。结束语是表示书信结束的标志,所以一般不能省略。结束语一般要与开头语相对应使用。

    需要说明的是,在写贺年卡、盛夏慰问信、明信片时,如果信函中没有开头语,结语部分也可以省略,此外,吊唁信函也不需要写结语。

    第十讲:日文附文写法

    有些与正文不太相关的事项可另行书写,如附记,附件及补充文等可在书写完正文,结尾和落款后另起一行书写。

    附记:有时为了使书信的要点更加清楚易懂,可按事项类别将书信内容重新简述,这个部分就是附记。一般是在另起行的中央写上“記”字,再分条书写。如果内容较多,可另信书写并在信栏外写上“(別紙)”两字。

    附件:如果信函中有附件或是需

    商务日语书信寒暄

    要随信函一同邮寄的文件,应在结束语下空1-2行书写“同封物”、“同封別紙のごとく”或“添付書類”等字样,并将附件一一归纳列表写出。

    补充文:补充文是正文中没有叙述,但又需补充说明的文字;有时一封信写完了,突然又想起遗漏的事情,这时可用补充文填补遗漏内容;有时在促销和私人信件中,补充文也可以用来强调写信人请求收信人采取的行动和做出的考虑等。补充文又称追记,也书写成“追伸”、“追白”、“再伸”“なお(另外)”等,应尽量做到简明扼要,通常在签名下方,从左侧顶格书写。

    相关热词搜索:日语 寒暄 书信 商务 书信开头寒暄 日语寒暄语